飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゴーヤが成っていた

初めてのゴーヤ
  今日かみさんが丁寧にゴーヤを調べていたら、プランターの土に触るくらいの処に小さな
ゴーヤがなっているのを見つけた。うらなりのゴーヤとでも言えるか。
とにかく我が家ではこんなに早くなるのは初めてである。良い苗を選び、肥料をたっぷりにしたのが良い結果だったのあろう。体温計をそえて大きさを見て頂く。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

半月ぶりのシャワー

ようやくシャワーの気力

昨夜は例の「咳」で2度起こされた。しかし今朝起床直後の体温計は6.2度だった。やったと思った。気力もいくらか出て来ている。しかしここで医者通いをやめて、せっかく治りかけた風邪を元に戻してしまった経験から家庭医師のところを出かけた。咳は相変わらずだが熱は6.4度。
聴診器も綺麗な音だという。
 そこで入浴を考えた。初めはシャワー位から馴らしていく。人には恥ずかしくて言えないが3週間目くらいにあたるだろう。
 私は戦後闇市育ちだから、余り清潔というのに関心がない。かみさんなど嫌がって私のベットルームに入りたがらない。ダニがウヨウヨしているのではないかなどと言っている。
私に言わせれば「日本人は清潔好きすぎる」だから、外国に行くと直ぐ感染症にかかる。
孫と半年余生活して、「湯水のように使うのに」驚いた。孫も日本人の年寄りの中には不潔きわまりない人がいることに驚いたことであろう。
 不潔で平気な私も「ウオッシュレット」は愛用しているが。フォトは庭の日々草。今年は当たり年。
健康 | コメント:4 | トラックバック:0 |

メロンの収穫

メロンの苗を育てる

  父の日の一つにやってきた「メロンの苗」について書く。子供らは毎年この「父の日」や「母の日」が近づくと何を贈ろうかと頭を悩ますらしい。でこれまで好意だけで結構で物はいらない。「ありがとう」とメールを書いて来た。
でも何か形になるものをと考えるらしく、今回のアイデア特別賞は「メロンの鉢」であった。大きなダンボールにメロン苗木が入っていたのはびっくりさせられた。もう2個の小さなメロンがぶら下がっている。素人でも取説に従えばもう一つは収穫出来るそうだ。
 すでにぶらさがっているメロンの収穫のたぐがぶらさがっている推定時期は7月何日、もう一つ採るには鉢を大きくして次のような栄養分を土壌に与える。風媒花だから大きく咲いた雌花をえらび受粉作業をしておくようにとある。
 取説を読むに従って「これは結構手がかかりそうだ」と判った。メロンは意外に病虫害によわいらしいと判った。
 こうとなったらこれは園芸好きのかみさんにやって貰わねば、愚生一人では 手に負えない。「父の日」がとんだ「母の日」になりそうである。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

父の日

父の日に感謝

 今年も子供から「父の日」のお祝いが届いた。
受け取った「父」の方は寝転がって新聞を読んでいて、起き上がり玄関に向かうのだが、まるで「なまけもの」が森を移動するに似た格好であった。いや北海の「たかあしがに」が移動するに似ているかの様子だ。第一起き上がるのに腰が思うように動かぬ。第二に夜の寝相の悪さから「肩」をやられた。肩胛骨と僧帽筋が痛む。で、タカアシガニなのである。クロネコは待ちきれずやたらにチャイムを鳴らす。
 かくて頂いた「お祝い」で今夜我が家に集まることになっている。
 少しは元気が出ることだろう。
季節 | コメント:2 | トラックバック:0 |

歳だなあ

DSCN1909_convert_20130613200314.jpg

 風邪を引いてもう1ヶ月近くに成る。医院は「風邪ぴき」患者だらけと言うと大袈裟だがとにかく多い。
うっかり医院に行って移されては話しにもならない。実は私も移された一人で席がないので、派手に咳やくしゃみのするおばさんの隣に座った。友人にはクーラーでやられたと言ってきたが、今思うと移され組だった。まずかったのは薬を処方されて治りかけると、出歩いたことで、これでこじらせた。
 まあ、大局的に言えば「抵抗力」が老化で下がっているのである。
今や「咳」も出なくなり、ベットで岩波文庫を読めるくらいに回復したが、「熱」が37度半。これが気力を奪いだるくて仕方がない。
 朝起きて朝食、珈琲を一杯、それから絵に取りかかるという快適さはない。
幸い人も来ないので、横になっていられる。
 こうして体力を無くしていき死に向かうのだなと思ったりする。死因は色々あろうが、結局生物体に避けられない「自然死」なのだ。
 未だ早いよと言われたりしたが、「早い」「遅い」の尺度なんて適当なもので80代ともなればそう不自然ではない気がする。
 そんなわけで、このブログ「飛び飛び」になり申し訳ない。
健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |

冷やし蕎麦

冷やし蕎麦

一昨日より薬を飲まなくとも「咳」が出なくなった。漸くである。でも、微熱はあるのでつい冷たい麦茶などが飲みたくなる。
 今夜の夕食は何にするとかみさんが聞くので、とっさに冷やし蕎麦が食べたくなり、外食になった。
そば屋の冷やしたものは一寸家では作れない。大量に手早くやらないと味が落ちる。
店はクーラーが効いていて、これは余分だった。
 月曜日の夕食というのに案外後からお客がやってくる。中には私のようなこの辺で「ざる蕎麦」でもと言う人がいるのかも。
生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

どくだみ

どくだみ

 私の好きな花の一つ「どくだみ」が庭の隅のあちこちに咲き出した。
 「隅」というのはかみさんが目の敵にして、毎年採りまくったからである。この労力が無かった他、今輪が庭はドクダミの繁茂するドクダミ屋敷に成っていただろう。
 白状するがドクダミの可憐な花からは想像出来ないくらい「根」は逞しく地下茎のように延びていくのである。それを知らなかった。もっとも「野性的で良い」などと誉めるへそ曲がりの人はいる。煎じてお茶に混ぜて売っている場合もある。
 しかし素人が庭に植える植物ではない。退治するときに発する匂いは強烈で、戦意を喪失させる。陰陽何処にでも拡がる。「ササ」より退治しにくい。
 でどうしても取り残してしまうと、そこから拡がって存在を示す。
 絵には好きな画材である。それで植えて大変な目にあったわけである。
植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。