飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どくだみ

どくだみ

 私の好きな花の一つ「どくだみ」が庭の隅のあちこちに咲き出した。
 「隅」というのはかみさんが目の敵にして、毎年採りまくったからである。この労力が無かった他、今輪が庭はドクダミの繁茂するドクダミ屋敷に成っていただろう。
 白状するがドクダミの可憐な花からは想像出来ないくらい「根」は逞しく地下茎のように延びていくのである。それを知らなかった。もっとも「野性的で良い」などと誉めるへそ曲がりの人はいる。煎じてお茶に混ぜて売っている場合もある。
 しかし素人が庭に植える植物ではない。退治するときに発する匂いは強烈で、戦意を喪失させる。陰陽何処にでも拡がる。「ササ」より退治しにくい。
 でどうしても取り残してしまうと、そこから拡がって存在を示す。
 絵には好きな画材である。それで植えて大変な目にあったわけである。
植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゴーヤの花

典型的日の丸構図の花

  ゴーヤの花がちらほら咲き出した。花の根本が膨らんでいるのは「雌花」で一目してこれは、今年はゴーヤが沢山なりそうである。豊作の年は昼飯はゴーヤ・チャンプルが続き、閉口したことがある。まあ
適当に成って欲しいものである。
 日陰の涼風を求めて植えたのであるから~。
風邪が治らないのは一つにはクーラーのお陰かも知れないと、クーラーは27℃設定にして、寝室のドアーを少し開いて寝ることにして、今日に至った。しかし夜暑い日があったり、急に寒い日があったりで、必ずしも快適とは言い難い。外気を取り入れる雨戸を少し開けたらと実験したが、寒暖の差がもろに来て、治りかけた風邪を元の状態にしてしまった。
 病院は25℃、湿度50パーセントと決まっている。後は患者が夜具・パジャマなどで調節するようになっている。
 私の部屋は27℃。熱くなるので屋内の空気で調節。今の所これが良いようだ。26℃にすると明け方の冷えるときに寒く感じる。28℃にすると自分の熱で汗をかいてしまう。
 案外難しいものだと改めて気づいた。
植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ツリガネ草

新顔の花

 今年初めて植えたそうである。見慣れない花が次々に咲き出した。聞くと「カンパニュラ」和名ツリガネ草という。花は苦手の小生はホタルブクロとか言うのがあったけな、それだろうと思っていた。
 白と紫の花があり、今回はムラサキの方を載せる。
 夏風邪未だ治らず、庭の花くらいしか載せるものがない。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

シャクヤクが咲いた

今年のシャクヤク

 今年の庭のシャクヤクは5本残したためか全体にやや小振りとなった。雨が当たると花びらが散りやすいので雨の日は笠を立てている。が、今年は人手不足でやってない。愚生がクラー風邪にやられたのである。
 一輪を選んでマクロで撮った。水滴がポイントになったら良かったが、これでは不足。
植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チョウジカズラ

チョウジカズラ咲く
十文字の可憐な白い花


 今年も門の脇のチョウジカズラが香りを振りまいて咲き出した。白い十時の花弁がかわいらしい。匂いは秋のモクセイの香りに劣らないくらい強い。明日は雨だそうだから、湿気の多い中では一服の清涼剤になろう。フォト2枚載せてみる。
植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。