飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高価なレンズ 

高価なレンズ 写真フアンで「キャノン」派でしたら、ご存じの方が多いと思いますが一レフ用レンズで「Lレンズ」というのがあります。
昔から最後には特別な職人がレンズを触り ミクロン単位で仕上げるという伝説があるくらいなレンズ中のレンズ群です。

その一つがひょっとしたことで三脚を離れ40センチほど落下しました。本体(ボデー)には異常はなかったのですがLレンズの先端がリビングの床に落ちたとき御覧の通り本体側と外れてしまいました。なにしろガラスの塊みたいなもので重いのです。

早速修理にだしたのですが20年前から製造で10余年経っていて「部品がない」ということで返却されてきました。

がっかりですが散々使ったレンズでもう寿命かと諦めました。

時代はデジカメ時代ですから、もうLレンズもこういう扱いになるものもあるのかもしれません。

フォト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<食べられる茗荷 | ホーム | 去りゆく夏の大きなメロン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。