飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カラスの○○

カラスの○○ 
未だ早いのか、これからか、などと青いカラスウリを見ながら散歩していたら
急に赤いものが次々に現れた。
 子供の頃は東京の赤羽で、当時の赤羽は今住んでいる桶川より田舎の新開地のような
感じだった。従ってカラスウリはざらにあった。
「男の子」は「カラスの○○」といってブル下げて遊んだものだ。今は郷愁をそそるのか良く
絵に描かれる。緑と赤の補色がきれいなのだろう。
 夕日を浴びてきれいなものを一つパチリ。
今の子は珍しいのか寄ってくる子もいる。ないしは全然興味がないのか見向きもしない子もいる。
こういう子はゲームっ子なのだろう。時代は変わるもの、、、。

植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<未だ咲いている南国の花 | ホーム | 天高く秋深まる>>

コメント

KOKAさん「老爺柿」というのを初めて知りました。なるほど遠目には間違いますね。
2011-11-04 Fri 22:32 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
今日、赤い色の実を見かけて一瞬カラスウリカ?と思いましたが、近付いてよく見ると「ロウヤガキ(老爺柿)」でした。
http://koka60.jugem.jp/?eid=2936
2011-11-02 Wed 16:59 | URL | KOKA [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。