飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近所の医者が3人亡くなった

医者が3人亡くなる

 風邪が長引いて家庭医のところに行った。抗生物質の連用だったので薬を変えて貰った。
家庭医の処も混んでいる。受付・看護師みんな何だか疲れている感じなのは、当方が元気がないから見えるのかも知れない。ここのところ近所の働き盛りの医者が続けざま3人亡くられた。一人は私も良く掛かっていた医師で専門は「整形外科」しかし癌の発見にも情熱を燃やし100名くらい人がこの先生に癌を見つけてもらっていた。一人は眼科でこの先生にも目を見て貰ったことがある。もう一人は産婦人科医。
 そこで先日A新聞の「医師の死亡率が増えた」という記事を思い出した。死亡率1位は不名誉にも埼玉県である。どだい埼玉県の医師の数は10万人あたり1人で医師過疎県としてとみに有名である。当然病院では医師が始終変わっているし、県民は不安に思っている。

前このブログで県立ガンセンター設立の際の「医師会」の反対がひどかったことを証拠をつけて述べたことがある。ガンセン反対は「医師会」の中の有士の「政治連盟」も絡らんでいたようだが、これは何も埼玉県に限らない事と思う。今でも明瞭に思い出すのはA新聞夕刊で「医師の数を増やさない」という、閣議決定(ここは曖昧)したというトップニュースであった。厚生官僚が諸方面の検討結果そうまとめたようだ。
 これから老人になる40代後半だったかの私はそれで良いのかなと疑問に思った。医療がこんなに高度化し老人人口がこれほど多くなるとは思いもしなかったが、きっと官僚は判っていたはずだろう。新聞記者も判っていたから大きなニュースにしたのだろう。
 ここで言えることは今日の医療荒廃は結局歴代の「医療政治」の結果と言えるだろう。とにかくお医者さんが過労で亡くなるなどと言う国が先進国で他にどこがあるのか。
 フォトは今日貰った薬を調べたピルブック。
健康 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<風邪が気力を奪っている | ホーム | コロンボ>>

コメント

たのしくさん 今晩は
確か「近所の働き盛りの医者が続けざま3人亡くられた」と書いたと思いますが、、、。要するに働き過ぎの気がします。
とにかく患者が押しかけるのですから、、、。
「医師会」もしまったと思っているのか、この辺で「自由診療」も導入しようかと思っているのか?
2013-06-02 Sun 17:37 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
お医者さんがお亡くなりになると不安ですよね。
紺屋の白袴よろしくご自分のことはおろそかになるのでしょうか。高齢の所以かも・・・
お医者さんと弁護士さんが不足しているとは良く耳にしますね。
2013-06-02 Sun 09:08 | URL | たのしく [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。