飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

水ぬるむ

水は冷たい

 風邪が治りかけ、天気も予報と違って曇りなので,コロを連れて自然公園にでかけた。午後のこともあってバードウオチィングの人もめっきり減っていた。
まず目に付いたのは葦原を掘り返している状態であった。何故自然のありのままにしておかないのだろうかと疑問を持ったら、葦も繁茂しすぎると根腐れのような状態になるそうである。沼地なのでトラックターは潜り込んでしまうのかと思ったが、葦の根などや土地の状態がそんなにヘドロ状態になっていないので沈み込んでしまう状態ではないらしい。
 第一葦原は沼や池、川の水の浄化に大切な役割をしているそうである。で,昔の人は葦を刈り、葭簀にし、屋根に葺いてリサイクルしたようである。
 フォトは綺麗になってまた水を張った沼。
季節 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<紅梅が咲いていた | ホーム | ヴァレンタインデイ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。