飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

檜枝岐歌舞伎

DSCN2503_convert_20130207204507.jpg

 桶川市という小さな 街にも色々伝統的な行事・風習・遺跡などが残っていて、これらを研究する「桶川地域文化研究会」という団体が出来てはや十余年になる。かみさんも遺跡とか古文書好きでこの会の初めから誘われて会員になって、会報などの仕事をしたりしていた。というのは知人で今度会長になったOさんが、よく我が家に遊びに来て宿場に残る遺構や市内の古代史の発掘の話しなどをしていくので,会員になったわけである。
ところで今年の総会ではあの「尾瀬沼」で有名な檜枝岐に残る歌舞伎を長い年を掛けて映画化した「檜枝岐歌舞伎」の映画鑑賞とレクチャーが行われた。200名の席を用意したが満杯になり、役員は立ち見、かみさんの話しでは出来の良い映画だったため,終わっても暫く帰る人がいなかったそうだ。昨年は確か作家の井出孫六さんを呼んで島崎藤村の「夜明け前」の中山道馬込宿等を勉強したが、今年も昨年に劣らず大成功とOさんが寄って話していった。私も見る予定で観客申し込みをしておいたのだが急に腰痛になり、見られなかった。
この檜枝岐歌舞伎は村の中で親から子にと270年続いた芸能で 、国指定重要有形民族文化財になっている。
元は江戸歌舞伎の真似から発したと言われるが、村あげて裏方・おもて方一体になるところが民俗学的にみものだそうだ。
フォトはパンフから
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<アンデパンダン展 | ホーム | 庭の水仙が咲いた>>

コメント

 市川團十郎は堀越というのでしたっけ。Hは堀越のホですか。
とにかく会って話しをしてみないと実像は浮かんできませんね。済まないけれど。
伝統行事は大切にしなくてはいけないですね。
先日も東京の変わり方の早さをちょっと早すぎて、という話しをしたところです。
2013-02-08 Fri 23:05 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
先生、良き日本の伝統は残したいものです。歌舞伎といえば、先日亡くなられた大物歌舞伎役者さんの本名はわたくと同じ、苗字のようです。わたくも、日本の伝統を残す為、毎年、春日部市が開催する凧揚げ大会に参加させて頂いております。
2013-02-08 Fri 22:09 | URL | 熊谷のY.H [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。