飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

医院が移転

医院の移転

  不眠症でクスリをもう数十年飲んでいる。肺癌の手術の時に「もう依存状態になっているのではないか。薬効もないのではないか」と言われた。これは1~2の外の医師にも言われた気がする。事実飲むのを忘れて寝てしまうこともある。翌日何かちょっとだるい気がするのでああ飲まなかったと気づいたりする。いっそ止めれば良いが習慣みたいに飲み続けている。主治医師は「寛解」(半分治ったような状態)だろうという。
 ま、飲むと翌日すっきりするので飲んでいる。飲まないとなんとなく眠くだるい。
 その睡眠薬をくれる医院が医薬分業で医師は処方箋しか書かなくなり、おまけに移転した。そのとばっちりは薬が2週間しか出なくなったことだ。2週間毎に医院に行き処方箋を書いて貰い、総合薬局店でクスリを貰う。面倒なことに成った。今までは5週間でていたのだから、、。
 金銭的には合計してみると分業で払うお金がやや安くなっている。
 今日の薬局店の、沢山いる薬剤師の中のキャリア女性は、医者のようによくツボを聞いてくる。ついてくるともいえる。アドバイスもなかなかである。今日は図らずも、医薬分業の実態の勉強をした。薬学部が6年になったのは良いことだ。埼玉は医師の数が全国で最低、その内薬剤師に相談ということになるか?
健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スプリングドロップ | ホーム | マクドナルド>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。