飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一応描いた50号

DSCN2379a_convert_20121229135805.jpg

 昨日触れた50号である。約15日間位で描いた制作1段階である。本当はもう少し描き込んで
完成に近づいてから発表するのが礼儀というものであるし、直に作品に接して貰っての印象が大切なのだが
ネタ切れで第一段階のもの(描き込んでないもの)をさらけ出す。それもポケットデジカメで光量も無視してのものである。まあこんな風のものであるという意味くらいにとってもらえればありがたい。これからの
構図上の大変革は先ず無いつもり。柚子は一回しか描いてないので二度目の描き込みをする。ランプも同様。その描き込みの際、黄色が柚子でないもにちょっと移ることもある。どうもお目を汚しました。見て頂いてありがとう。
アート | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<筆おさめ | ホーム | 絵を描く所>>

コメント

サトヤマさんなら描けますよ。デッサンはしっかりしているし、色も良いし。要は「慣れ」ですね。私は40代の初め50を何回か描きました。風景でした。家の裏が「見沼用水」というのが流れていて、5月気分がよいので50はゆっくり描けるというイーゼルを買い込み,「トライ」のつもりでやってみました。風景は自由がきいて何とかでっち上げました。80をプラムの林を前に描いたりして。これも何とか造り上げました。
ひとしきり「構図」に凝って構図の本を買い込み「黄金比」とか「ルート比」とかキャンバスに引いて、さて「現場」に望みましたが、その努力は抽象画はべつとして碌に何もならなかったと悟りました。今ではキャンバスの中央だけは気にしますが,後はクロッキー用紙で想を練った物が一番良いと思っています。ピカソのゲルニカ展でピカソが何千枚とも言えるクロッキーで想を練ったのを見たとき感動しました。
本当はそうあるべきでしょうが、私のは大体構想が固まると描き出してしまいます。だから制作途中で変更が多い派です。
さとやまさんもとにかく大体構想が出来たら描いてみられることを、再度お薦めします。
コメント、さとやまさんからのものなので嬉しかったですね。これから完成に向かって2~3度描き直ししていきます。
2012-12-31 Mon 11:07 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
前回と今回、50号の静物ということで、共に興味深い書き込みでした。
私レベルでは、あまり大きくないモチーフで、この大きなキャンバスを盛り上げるのは
大変難しいことで、構図など、何を手掛かりに考えて行くのやら見当もつかないのです。
ランプも、張り紙も、ゆずも、見れば見る程夫々がその場で存在感を発揮していることに
驚いています。
2012-12-30 Sun 23:29 | URL | satoyama [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。