飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンドロメダ銀河

 雑誌「ニュートン」の1月号付録に、今年も大きな宇宙写真がついてきた。今回のは「アンドロメダ銀河」の驚いたことに可視映像である。口径50㌢の望遠鏡を使い2005年アメリカのニューメキシコで撮影された物である。25に領域分解しデジタルフォトを並べて合成したもの。2008年「尤も画素数の多い渦巻き銀河の画像」としてギネスに登録された。
 アンドロメダ銀河は、アンドロメダ座の方向にある直径22~26万光年ほどのおおきな渦巻き銀河である。条件が良ければ肉眼でも観察可能だそうだ。このフォトからも宇宙の壮大さと神秘さが感じられる。

DSCN2355_convert_20121218222517.jpg

 なお、フォト及び此の解説は「ニュートン1月号」よりの抜粋が多いことをお断りしておく。」
天文・宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<根岸教室の忘年会 | ホーム | 孫のクリスマス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。