飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大きな絵の額の廃棄

DSCN2334_convert_20121204180759.jpg

  80歳になって且つ又腰痛になったので、一区切りと思い、これからは50号位までしか描かないことにした。従って80・100号の額(ほとんどモルデングだが)を処分することにした。声を掛けたが流石貰い手が出ない。1つだけ50号用に縮めて貰って残し後は、杢工芸をやる人に木材としてさしあげることにした。
 フォトはみんな「モルデング」で一番奥のが100号用、あとのは80号のものである。一坪半の物置の開閉戸に比べて頂けるとその大きさが判ると思う。
 戦後の記録を読むと「日展」など一番大きな展覧会でも、30・50位だった。それがいつの間にか100号になってしまった。アメリカの絵画の影響が強いと思う。同じ位の出来ならば大きい方が良いが、ただの引き延ばしでは、100号以上など無駄の気がする。
 で、少しは寂しいが、50号止まりに覚悟した。
 
アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<写真で描く② | ホーム | ニットの帽子>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。