飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北朝鮮交渉はいかに

北朝鮮交渉はいかに

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて15日で35年になるそうだ。で、15日に開かれる「日朝次官交渉」で少しでも進展があるように横田夫妻は太田市で開かれた講演で訴えた。
12歳だかで連れ去られ35年間というと、今47歳になっている。もう日本語すら忘れているかも知れない。臨戦態勢にあったとはいえ、酷いことをしたものである。
日本は当然、拉致被害者の立場に立ち、また国家主権を侵された事犯として、北朝鮮に関して有利に働くことは一切禁止・打ち切った。国民感情としては判る気がするが、もう何の手も無くなってしまったと言うことでは、日朝交渉でどうするのであろうか。
 1ヶ月前、かみさんは兄弟・姉妹会を開いた。墓を詣で会食した。そしてかわいらしい人形を持って帰ってきた。長兄が一旅客として平壌に行ったときのお土産という。これを配った長兄の話では、平壌の街は
日本のその辺で見かける街の状況と変わらなかったと言う。
日本のマスコミは「北朝鮮」の食料危機で,街は大変だとついこの間まで伝えていた。
中国廻りかで平壌に出かけた長兄は驚いたようだ。
 大体、マスコミは今、50%位信じていれば良い、せいぜい信じても70%。これは私の持論である。それにしても平壌の街の話しはひどすぎる。誤ったニュースで戦争に駆り立てられた「わたつみ族」は、その経験をもっと生かすべきでマスコミ批判をするべきある。わが子達と話していると、彼らの方がマスコミ不信感が強いことが判る。ネットのせいだろう。マスメデアの力はそれでも強い。日朝次官交渉はどうなるだろうか。センチメンタルで且つ飽きやすい国民性の日本人の一人として、にも深い関心と責任を感じる。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<清水比庵の絵 | ホーム | もうウグイスが来ている>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。