飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遠山美術館と清水比庵

遠山美術館と清水比庵


 高校時代の友人が隣町にある「遠山美術館」に来るという。こちらに来るついでに久しぶりに会って話しをする、それと遠山美術館に収納されている清水比庵の書画を見ようと言ってきてくれた。此の友人とはもう3年位会ってないし、何よりも「清水比庵」さんの書画を学芸員の書画担当者から話しを聴けるのもまたとない機会である。で、喜んで出かけた。
 清水比庵さんは私は最後の文人画家と思っている。川合玉堂と親しく今日も合作の書画を見せて貰った。
玉堂亡き後、奥村土牛・小倉遊亀画伯と「有山会」と称し合同展を開いたりしている。
 まあ比庵さんのことはグーグルに入れればたくさんでてくるので省略し、今回遠山美術館で見た30本弱の書画のうちの秀逸「富士山」を載せておこうと思う。気品のあるアブストラクト的とも言える富士山である。この富士は友人(比庵の孫)も持ってない大きさのたっぷりした富士である。そのほか色々紹介したいが、又の日、もう一回触れたいと思う。
アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<清水比庵の書画Ⅱ | ホーム | 蜜柑が来た>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。