飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

藍色切り子

藍色切り子

  
 風邪を引いた。丁度医院は連休で休みが多い。こういうときは売薬ででも直すしかない。熱が出てくると、夏の疲れも一緒にどっと出て何をする気もおこらない。このブログも億劫になる。これは長くやっている人には判るだろう。「種切れ」というか、書く気力が萎えている。
 熱が引いてきたので街に出た。ハードオフによった。静物画の材料探しに時折寄る。
 きょうは「創作ガラス 藍色切り子」が目に入った。樋口陽久という人のデザインによるものらしい。
日本の藍色は世界中に拡がっている。ガラスの場合銅・コバルトを原料に発色させ、紺色の色ガラスをつくる。そこにかぶせガラスと言ってとうめいなガラスを薄くかけてつくる。いわゆる「かぶせもの」である。
此の技法は案外古いことを知った。中国清朝・乾隆時代に栄え日本に江戸時代オランダよりきたものだそうだ。精巧な技術がいる。
 それが箱書きで箱が付いて1500円。気に入って購入した。
 組み合わせに寄れば静物画の材料になる。
生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<すわ 皆既日食 | ホーム | 中秋の名月>>

コメント

切子気に入りましたか?切り子はガラス製品を作っているところでは、よく見かけますが、江戸切り子のように手の込んだものはやはり限定さて居るようですね。
光の具合でダイヤのような反射が見事ですし模様の美しさも職人の年季が入っていることが判ります。ただ高価なのが欠点ですね。ボヘミアングラスの細工は最高ですが、なんだか見慣れすぎてジャパン切り子の方が好ましいですね。ガラスとしてはチェコのクリスタルはすごいですが。

風邪はお医者にかかりました
2012-09-25 Tue 14:39 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
風邪・・・もう大丈夫ですかぁ~?
お大事にしてくださいね。

切子 すてきですぅ~♪
底が角々しくなく見えるのですが・・・ 
上品で優しいですねっ!

ちょっと覗き見てみたい気にもさせられます(^^ゞ

どんな静物画に仕上がるだろう?
楽しみに待ってまぁ~す(*^^)v
2012-09-25 Tue 00:28 | URL | なお [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。