飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

埼玉県保険医療協会

医師会と違う医師の団体

 「医師会」という団体がある。主に開業医が入会し活動している団体である。同窓生にこの医師会の役員で活動しているものもいる。地域医療の担い手と自負し、研修活動もしている。
私はどうもこの医師会という言葉を聞くと「自分たちの権益を守ることを主眼に造られた」団体の気がして余り好感を持てない。政治連盟がありこれが圧力団体で「医は算術」を実行しているような気がしてならない。こう思うのは数々の悪評を聞いているからである。例えば柳田邦男だったかの「癌」シリーズに埼玉県医師会が県立ガンセンターを造るに当たっての医師会の妨害ぶりがはっきりかかれている。
 ところが先日数十年らいの医院に行ったらイラストのようなパンフレットが置かれてあった。時間があったのでざっと目を通してみたら同じ開業医中心の団体だが、医師会とはえらく違うことが書かれてある。
「働く人の三分の一が非正規雇用という今日、医療機関の5割で経済的理由による受診の中断・中止がおきています」という書き出しで、埼玉の統計が乗っていたり、窓口負担の軽減を求める資料があったりで、医師会とはだいぶ様相が違っている。
 そこで帰宅してからこの団体のことを調べてみたら、少なくとも活動の趣旨、や活動内容は患者寄りで、歴史もあり加盟医師も増えているようである。
 で、算術医師とは違う保険医もたくさんいることに考えを改めさせられた。

健康 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<ニャン公とワン公のバトル | ホーム | 桐のキャンバス枠>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 「医師会」という団体がある。主に開業医が入会し活動している団体である。同窓生にこの医師会の役員で活動しているものもいる。地域医療の担い手と自負し、研修活動もしている。...
2012-06-22 Fri 00:42 まとめwoネタ速neo
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。