飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

花粉症と松ぼっくり

松ぼっくりと花粉症

  ここ3~4年前から、いくらか暖かくなると必ず風邪を引く。熱が出て本物の風邪であることもあるが、多くは鼻水・鼻づまり・くしゃみ、それに時には微熱、咳である。毎年この時期なのでどうも単に「風邪」を引く場合だけでない気がしてきた。「花粉症」ではないかと思える節がある。最近は微熱くらいでは医者に行かないことにした。
 花粉症、これにかかると実に気力が衰退する。本や絵を読む・描く・の気力が衰える。絶えずテッシュペーパーで鼻をかんでいる。
 地球の温暖化現象はもはや定説になった。植物の異常も起こるのは当然である。
ところで、その飛び散る花粉に「松」はあるのだろうか?
 大きな松ぼっくりを手に入れた。北海道の公園内にある喫茶店でエゾマツ・大王松などの松の松ぼっくりを見てその大きいのに驚いたことがある。
 日本ではどうやら大王松の松ぼっくりが一番大きいらしい。大きいのは15センチは優に越すらしい。
 フォトは普通の黒松のものと大王松の松ぼっくり。
季節 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小惑星「東北」 | ホーム | ウグイスの初音>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。