飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

湾岸戦争の時の一枚の絵

湾岸戦争、花一輪を

 展覧会が続く。65回アンデパンダン展にF80を師匠に依頼して運んで貰った。22日より公開である。もうこれを最後に大きい絵を描くことを止めることにした。最高50号までと決めた。
 4月に入ると地元の桶美の展覧会である。20号までと制限がついた。何とか描き上げてさて、額をと絵の物置を掻き混ぜて探していたら、1991年3月の絵が出て来た。「湾岸戦争に反対」という題の絵だ。ぎょっとするほどの絵の具を生で使い、ぶつけたような絵だ。
 捨てようかと思ったが、何か魅力がある。人が見ればまたしたり顔で「下手な絵」「ムチャクチャの絵」というだろう。私が見てもそう思うのだから~。しかし何か捨てがたい気がする。暫く捨てないでおくことにする。ここにそれを載せるが、撮影の仕方からか随分とおとなしい。拡大すれば勇ましいのがお分かりかとも思う。
アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<土筆もタンポポも未だ | ホーム | 水耕栽培のポピー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。