飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バイオリンの内部

バイオリンの中
 昨日バイオリンの絵のことを書いたら、尼ヶ崎のKさんから、内部を写したフォトのHPのURLが紹介された。KさんはITの専門家で私のパソコンの指導者で、パソコンで困ると聞くことにしている方である。
HPであるからそのフォトを載せるのは違反だがバイオリンの内部の構造を写した表紙一枚をここに載せる。
随分と精巧に出来ているようだ。もっともストラディヴァリウスなどは又構造が違うのかもしれない。「S字溝」の光が差し込んできれいなものである。
なお、フォトのあるHP URL http://japan.digitaldj-network.com/archives/51965326.html

音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<水耕栽培のポピー | ホーム | 楽器の中で一番美しいものは?>>

コメント

 私もバイオリンの中側を初めて知りました。
最後に手探りで柱を立てるそうですね。価格も
バイオリンほど違いのあるものも少ないでしょうね。
2012-03-20 Tue 17:56 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
これがバイオリンの内部ですか?外から差し込む光が、得も言われぬ空間を作っています。あの繊細な音色の源(=パワースポット)ですね。
2012-03-15 Thu 23:25 | URL | なりひら [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。