飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

静物画を描く2回目

静物画スケッチ風景

 地元の絵画サークル「彩友会」の静物を描く2回目が午後開かれた。1回目は20余名集まったが今回は
半分余となった。やはり静物画は面白くないのか?
私は風邪が治らずその上知人が来たので一緒に昼飯を食べ、今日は安もかと思ったが、早寝すれば熱も引けるだろう。狙いの「渋い絵」を仕上げたくて、結局でかけた。「渋い絵」は本当は時間掛けて「油性」を抜きなるべくモノトーンにしたいのだが、今回は色が「渋い」にとどまるしかない。
 フォトはサークルの写生風景。モチーフを何カ所かに置かれて分かれて描いている。
みんな真剣である。
アート | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<一昨昨日の雪 | ホーム | 太陽のフレアとオーロラ>>

コメント

渋い絵とは耳に良いですが、要するに多少の色のついたモノトーンの下絵に、グラッシで薄く色を付けていくやり方で描く絵です。この下絵はかなり厚みのあるところもあって、乾かすのに時間が掛かります。またグラッシを繰り返すから時間が掛かります。
 グラッシ用の油(溶剤)の選び方が大切で、これで失敗した経験があります。
なお、無い色を描くは面白いですが、要するに主観色で描くので当然抽象画化がすすみ、レアルな存在に描いた絵より、面白いが感動を生むのが難しいと思います。「花ぐるま」さんの絵がそれでしょう。一種の想像画、抽象画までいかないが想像画の域にはいるでしょう。
2012-02-21 Tue 12:02 | URL | アツガーリン [ 編集 ]
おはようございます!

皆さん、真剣なまなざしで描いておられますね。

渋い絵とは楽しみです!
実物と異なる色をつけていくのは、凄く
難しいでしょうね~。

風邪お大事に・・・無理されませんように。


2012-02-21 Tue 10:27 | URL | magamik [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。