飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イヌの日向ぼっこ

ワン公の日向ぼっこ 陽光がうららかなので窓を開けてやった。すると部屋にいたコロが起き出して陽の差す処に出て来た。そしてゴロリン
と腹を出して横になってしまった。
 イヌはオオカミの末裔で寒いのが好き、暑さに弱いと聞く。弟がインドネシア駐在の時の話をしたことがあった。その際
インドネシアのワン公の哀れさを描写した。毛皮がはがれて垂れてボロのようだ。イヌはやはり北方系という結論になった。
ところが最近の日本のイヌ事情は少し違う。寒がりのイヌが多くなってきたらしい。胴体に腹巻きのような綺麗なものを巻き
夕方なども寒くなるともう見かけなくなる。
 我が家のワン公コロも寒がりの処がある。日本犬がこれじゃ政治家がああなるのも仕方がないはと言い合っていると、突如
暑がりになって、寒い朝早くかみさんを起こして散歩に出たがる。寒い中を蘇ったように生き生きと走り回り、跳躍までするらしい。どうも本質は「イヌは喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる」の伝統は失われていないらしい。それが寒がりになりコタツにまで入り込もうとするのはやはり呼吸器のびょうきのせいらしい。
 今日もその呼吸器と関節のくすりをもらいに獣医さんのところにでかけた。
ペット.動物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハイビスカス | ホーム | 寒空にセージが咲いていた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。