飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

教えたい心

教える喜び

 芥川の短編に「老教師」?とか言うのがある。もうあらかた忘れてしまったが、「私」が通り掛かった路上で見た話しだった。路上にローセキだか枝だの切れ端で子供を相手に一生懸命教えている老人の姿を見る。それを一瞥して,教師だったと推察できる老教師に教員を辞めても教える心を持つ老人に感慨を持つといった短編。若し誤っていたらコメントで訂正して下さい。
 新聞の折り込み広告にフォトのようなものがあった。公文とかいう私塾の教師募集広告であった。
これをみて図らずも芥川の短編を思い出したわけである。
 子供に教えて「先生」と呼ばれて感激した女性の話として紹介している。
両者に共通なのは「教える喜び」のようだ。金銭を貰ってのことでなく、善意だけの喜びである。
 人はどうもこういう善意を持っているようである。「教えたがる人」をよく見かける。時には教えたがり過ぎて嫌がられたりする。「善意の人は傷つけあう」とは太宰の言った言葉であり、政治の世界などでは「善意の道は時として地獄に通じている」はレーニンの言葉である。
 しかしPCでは教えてくれる人が多く、私は随分助かった。OKウエブとか、「はてな」だったかは教えあう事で成り立っているネットである。これはボランテア精神の善意で、困ったとき実に参考になった。
 いま、ここでは初めて「先生」と呼ばれて舞い上がった若者の喜びを素直に喜びたい。上手い広告である。
スポンサーサイト

生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。