飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新しい月新しい大作

新しい始まり

  今月中旬「アンデパンダン展」に50号を二枚出す。
 さて,弥生3月、気を新たにしてまた2枚50を描こうと決意した。うち一枚は「風景」をと思っているが,腰痛の具合次第である。人物は、ここのところモデルさんが見つからないので,諦めている。
一枚は言わずもがなの「静物」である。
 実は机に此の静物をセットし構想を組み立てて木炭で描いてみている。「バィオリン」をもう一回描いてみたいというのが動機であった。で木炭もバィオリンだけは丁寧にデッサンしてみている。
 デジカメで50号を斜め前から撮った。こんな構図だという意味と、開始宣言である。自分を奮い立たせる意味もある。
 耳野卯三郎という静物画の名手がいた。裸婦の寺内万次郎などと美校で同期の人である。この人が静物を
「動かない人物」に思えて描いていると画集に述べている。名手ともなればそう見えてくるのであろう。
まあ、少しでも近づきたい気持ちである。
スポンサーサイト

アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。