飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

根岸教室事始め

マンドリンのある静物

 毎週水曜の夜の教室、今年は遅く始まった。徹底した「リアリテ」を探求する人で、人柄に惹かれて出かけている。今年の事始めは「マンドリン」
ヤフオクで4千円余で落とした鈴木の中古美品を抱えてでかけた。腰痛で持てない荷物運搬係にかみさんが付いてきてくれる。「絵」は嫌いだ。音楽なら喜んで行くのだがと毎度皮肉を言われながら、夫婦一緒に行動する週一の珍しい一夜である。門前の小僧で仕方なしに描いている絵(F8号のみに限定)も様になってくることもある。気を入れて描いたときはまあまあだが、ほとんどは未完成で終わりになってしまっている。まあ贅沢な時間と思う。
さて昨日、セットに30分位かかる。構図は人様々だから先生と愚生の暴力的並べ方で決まる。それでも30分は掛かり、、次いで抽選。此の場所取りで又構図は大きく違ってしまう。
まあ人物でもそうだが「美しい」と思う場所にはなかなか当たらぬ。
私は今回はF10。並べてある物みんな描き込んだ。正味3時間足らずで一応かたちと色を付けるのは精神集中しないと出来ない。アトリエはシーンと静まりかえる。従って、終わると疲れを感じる。肥満防止、呆け防止にはもってこいである。
かくして53㌢×45㌢のキャンバスは一応白いところが無くなった。
スポンサーサイト

アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。