飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

元旦・二日の夕べ

DSCN2401_convert_20130102202555.jpg


DSCN2408_convert_20130102202750.jpg
 元日の夕べのウインの「ニューイヤー・コンサート」は「ああ又新しい年が始まったな」という想いにさせられた。今年のはワグナーとベルディのメモリアル年にあたるのでシュトラウス親子のワルツ・ポルカだけでなく、ワグナーなども演じられた。指揮者はウインフィル育ちの生粋な奏者で指揮者フランツ・ウェルザー・メスト。初演奏の曲をかなり多くとりあげた。
 恒例の「美しきドナウ」と「ラッデキー行進曲」を聞くとやはり気分は良かった。バレーも民族衣装の色彩派手やかなものだったが、やはり「白色」のバレードレスがよい。白ドレスが出てきたらホッとした。こういう点案外保守的だなと自己診断した。
 本日は終日「書き初め」途中疲れて昼寝をする。ふと見た「夕陽」が美しい。周章てて2階からフォトを撮った。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。