飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

風邪が治らないのは?

風邪が治らない
  どうも歳をとると風邪がなかなか治らない。肉体の抵抗力が落ちてきているからだろう。
 それと最近ハッキリしてきたのは呼吸器学会で言い出されたCOPD(タバコを主にした呼吸器の気流閉塞障害)にも原因があるようだ。このCOPDはタバコを止めても、起こる障害でタバコを長く吸った人ほど、老化に伴い出てくるやっかいなものらしい。
 毎年市の検診の時胸のレントゲンを撮るが、主治医のS先生は、レントゲンを指して、COPD障害に触れる。
 世界的にはこのCOPDは病気の疾患として増えているようである。特にアジア・アフリカの教育が行き届かない国に喫煙は増えてCOPDになる人が増えているようだ。
 若いときの無知が、今になって敵討ちされているようだ。
 フォトはアルコールとタバコを売る店。アルコールを飲んでのタバコは作用が強くなるそうだ。
スポンサーサイト

健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。