飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ニットの帽子

防寒よう帽子
 
 風邪を引くと直りが遅くなった。一度ひくとなんだこうだ一ヶ月くらいぐずついている。そこで外出するときは重武装することにした。先ず「帽子とマスク」。これまで身につけることが先ず無いものであった。手袋などかみさんが買ってきたことがあったが一回だけであとはどこかに行ってしまった。
 ネットで「帽子」を調べてみた。私の希望は毛糸のものでツバはなくすっぽり被れる物。4千円位する。色は黒か焦げ茶。調べてみて毛糸だけという物は見つからない。たいていポリエステル70%ウール30%である。
 そこで思いついたのが「古着屋」である。今様に言えば「リサイクルショップ」。画材を探して時折いくことがある。で、抵抗はない。
 見当をつけて或るリサイクルショップに行ってみた。そこでアメリカ製のトップ型帽子、古着ではなく輸入業者が放出したもので色・形、私の求める物にぴったりの物が帽子ワゴンにあった。3千余のタグが付いていた。一方もう一つ100円のタグもついていた。
 店に聞いたら100円!のタグが此の店のものだそうだ。そうすると100円!ということだ。
 デフレだなあと実感した。
 帰宅して取り扱いの英語のタグを虫眼鏡で読んでみた。毛糸のシャッポは洗濯となると、ややこしいことが判った。売れずにいたのはあながちデフレだけではないようだ。
 (フォトはかみさんがフラッシュを焚いて撮ったので焦げ茶が赤色になった)
スポンサーサイト

生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。