飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新構造埼玉支部展

DSCN2324_convert_20121201230418.jpg

 明日まで「新構造」が開かれているので浦和の近代美術館まで出かけた。上野の本展は見損なったので「埼玉支部展」を観に出かけた。受付で早速、知り合いの絵描き二人に出会った。新構造は今年50周年を迎える総合展である。写真・工芸・彫刻なども出ている。
 審査員や運営委員などをしているTさんとは特に親しくさせて貰っている。今回も一緒に会場を廻った。
今日も銀座の画廊で、画廊のオーナー達が,開いている選抜展と重なっているが、こちらに廻った。という忙しい人でもある。毎月なにかの展覧会があって,今年は忙しい年であったという。
まあ、市民が絵を描き、また市民が購入するという、ようやく市民の手でアートが維持されるようになった。結構なことだと私は思っている。パトロンが市民になったわけである。
 それだけに今や「何でもあり」のアートの時代でもある。今日も写真で描いたと思われる絵が散見していた。
 フォトは受付近くの3枚である。最右端がそのTさんの「コンポジション」80号。次が120号のI氏のアクリル「3.11残像」I氏も知り合いである。次の抽象はコラージュを貼り付けたようなもので,作者は知らない方である。
 浦和まで行ったのでベーンシャーン展を見るつもりだったが、腰痛が起こったので帰って来てしまった。それでも結構愉しく面白かった。
スポンサーサイト

アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。