飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中秋の名月

十五夜は中秋の名月か仲秋の名月か

 今年の十五夜は新暦9月30日、旧暦でも8月15日の満月の日である。中秋の名月が新暦では満月になるとはかぎらない。むしろならない場合の方が多い。これについてはだいぶ前ブログに書いたので以下は省略。
 今回は「中秋と「仲秋」の違いである。「仲秋」は8月9月10月を秋としてその真ん中の8月のことを指すらしい。だから仲秋の名月とは普通書かないで中秋の名月と書く。旧8月15日は満月であるから同じなのだが ,正確には中秋の名月と天文学などでは書いている。
 では十三夜ではどう言うかというともう9月だから中秋とは呼ばず十三夜、豆名月とか里芋をも供えるので芋名月などという。
十五夜も十三夜も「団子」を供えるが団子の材料は「お米」だからと言う説もある。十五夜が晴天であることを願っている。

スポンサーサイト

生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。