飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

F10を描き終えての寸感

F10終わりに当たって 

前に発表したと思うが「コーヒー用サイホン」を中心に描いていた静物を終わりとした。
 人物同様描いていてキリがないのである。そして描き込めば良くなるとは
言えないのである。
 ただ今度かなり時間をかけて描いてよく分かったことは、才能の問題は別として、絵を描くには今更当たり前であるが、
先ず「目」が良くなくては駄目だと言うことである。物をよく見える目がないと「見えない」から、表現する技量
の上達がない。従っていわゆる上手くなるはずがない。
 今回描き進んで「目」が良いため見える人と、私のように近眼がひどくて見えない人の間にかなり差があることが判った。そういう意味では実は老人はもう失格であるかもしれない。
で、仕方がないから目の悪い人は想像力に頼ればよいと思っている。負け惜しみで言うが「くそリアリズム」よりましであると思うのである。愉しみながら、しかし工夫・努力するしかない。かくて久しぶりに額に入れてF10を発表します
スポンサーサイト

アート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。