飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツバメが飛んでいる

ツバメの初見日
 もう10日前、モンシロチョウが飛んでいるとかみさんが教えてくれた。
 今日はツバメが電線に並んで止まってしきりに鳴いているのを目撃した。今年は早いなあ、いつも水田に水が張られる頃来るものなのにと思った。
 しかし気になったので気象庁の生物暦を見てみた。グーグルに「季節 ツバメ初見」と入れた気がする。
植物も動物も地方別に表になって出てくる。これでみるとこの辺、関東は3月31日~4月10日と出ている。決して早いわけではないようだ。
 地図にツバメの初見日を入れたものがあったのでちょっと拝借して載せる。
スポンサーサイト

生き物 | コメント:1 | トラックバック:0 |

もうウグイスが来ている

秋より冬に
 コロの病気どうやら治りかけてきた。愉しそうに玩具をキューキュー鳴らして遊んでいる。私の風邪も未だ売薬を飲んでいるが鼻水くらい、今日は暖かかったので,北本の自然公園にでかけた。
 鳥やさん(バードウオッチング)が沢山来ている。午後4時でこうだから午前はさぞ賑わっていることだろう。
 葦の間から笹鳴きがしきりにする。通りかかった人に聞いたら「ウグイス」だという。多分そうだろうと思っていたので、いつ頃から来ているのですかと聞いたら、「判らない」という。厳密な答えだ。
 カモも来ている。
橋があって葦が身近に見られる。その水面に昔から見かける無粋な油が光っている。
油でなく「酸化鉄」だそうだ。何故ここに?何故油のように光るのか?子供のように疑問が湧いてきた。

生き物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

蝉も鳴かないのに彼岸花(リコリス)

アブラゼミ鳴かず彼岸花咲く



尼ヶ崎にお住まいのKさん、宝塚のNさんのお便りだと「クマゼミ」が朝早くから鳴きだして閉口しているとのこと。ただ午後はクマゼミに代わりアブラゼミが鳴くのに今年はアブラゼミはほとんど鳴いていないと言う。
 実は私の住む辺りではアブラゼミは同じく例年は五月蠅い時なのに今年は鳴いていない。余り鳴かないので皆さん不思議がって噂になっているそうである。7年蝉だから7年前、少数派となり、この異変になったのかな、という真っ当なご意見からいや、地殻にに異変が起きている。富士山の噴火とか、大地震の予告とかおもしろ半分の幽霊話まで飛び出しているようである。
 今夜の月は雷の怖れのない中で鑑賞したが、庭には先日急にリコリスが咲き出した。日本の赤い彼岸花とは違う色なので、ぎょ、とはしないが、いずれにせよもう彼岸花の咲く時になった。
しかし熱中症の騒ぎの中では、やはりいくらか秋を感じるのは「お盆」が終わってからだと思う。、
生き物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

アブラゼミは何故鳴かない

DSCN2013_convert_20120730152744.jpg

 フエィスブックの関西在住の方数人が「クマゼミ」が早朝から鳴いて五月蠅くて参っていると書いて来た。
そこで改めて我がやの今年の蝉の異常に気づかされた。高速圏央道開通に伴い桶川にもインターが出来てそれに繋げようと在来の各種道路及び新しい道路があちこちで工事中となった。家の近くの「川越~菖蒲」線など、朝からどっと車が増えた。今迄見かけなかった大型トラックが列をなして通る。
森や林が切られ、緑が激減し住宅がやたらと造られ往時の面影が無くなった。先日久しぶりに来訪した義弟は道に迷ってしまったが開口一番であった。
 それと関係するのか、今年はニイニイゼミは聞かなかったし、今又8月に近いのにアブラゼミの鳴き声もしない。私たちが住んで第二の生物受難期の気がする。第一は森と田畑だらけだったこの地にミニ開発が始まり、例えば朝など可哀想に蛙のぺしゃんこの死体が幾月も続いた。おかげで今や蛙が居なくなってしまった。
確かに道路の整備は私たちに便利をもたらしたが生物の生態系はがらりと変わった。蛍が普通に観られたのに今や「親水公園」で蛍の養殖をして、市民が蛍を観たかったらこの公園にと言うさまである。
 昨日、ようやくアブラゼミのらしい抜け殻を見つけた。これから鳴き声を聞くことが出来るのだろう。
 フエィスブックの仲間も今年は未だアブラゼミを聞かないと書いていた。
生き物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

自然公園公開20周年

IMG_3737_convert_20120615232231.jpg

 お隣の市に県立として「自然観察公園」が整備され開園してからもう20周年になった。それまでは本当に荒れ放題の自然林と葦原であった。葦を整理し池を造ったことで冬場にも冬鳥が来るようになった。
バードウオッチングのポイントとして少しは有名になった。
 学校の自然観察の場として小学生を主に幼児まで訪れる処となった。
 20年を記念してサイケ調というかアフリカ原住民の色調でポスターが造られた。
ぜひ一枚を欲しいと申し出た。良く我が家に遊びに来るOさんの家のポスター掲示板が目立つのでそこに貼るのでともう一枚頂いた。目立つが何のポスターかは判りにくい。そこが良いのかも~
「公園管理運営士」という資格があるらしくその方が応対してくれた。
生き物 | コメント:4 | トラックバック:1 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。