飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネリネ咲く

DSCN2919_convert_20130805151539.jpg
今日は朝から爽やかな気分で歯磨きが出来た。、、、と言う書き出しで始めると「一種の闘病日記」になっていってしまう。
 今回の病気については闘病日記的なことは極力書きたくない。それより「正岡子規」に見習って身辺雑記といきたい。曾て刑務所では時折、文人を呼んで「文化講演会」をやっていた。招いた人の中で一番評判良かったのは「虛子」だったと、何かの雑誌で読んだのを、憶えている。余りにありきたりなので「意表を突かれた」ので記憶しているのだろう。

 夏の花で意表を突かれる花は「彼岸花」だろう。「葉」がなく突然「どん~ん」と咲く。
芝生の端に気づいたら咲いていた。「ネリネ」とも言うらしい。ダイアモンドネリネ。
スポンサーサイト

植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

家の中から見れなくなったひまわり

大きなヒマワリ
 今年はまたヒマワリと格闘しようと、昔からあるヒマワリの種を蒔いてもらった。原種だかに近いのか、今度蒔いたヒマワリの生長はすさまじく、あれよ、あれよ、と言っている打ちに伸び出して、ついに内の一本は家の中からは大輪の花が見られなくなった。
 ベランダに出て一枚フォトを撮ったのが、この元気の良いヒマワリである。
 それに引き替えゴーヤは想定外の茂り方で、これは意外であった。病気で手入れがまわらなくなったせいもあるのだろうが、天候不順が大きい。
 元気過ぎるヒマワリ君、今の私にはちょっと相手に出来ない。残念だ。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ゴーヤが伸びる

ゴーヤのカーテンの始まり

 咳が40余日続いたのでそういう際一番弱いのは鎖骨の下辺りの神経らしい。本日整形外科に出かけ検査して貰い、どうやらその痛みが帯状疱疹のようにあちこちを痛く関させているようだ。
家で一番元気なのは「ゴーヤ君」蔓の先端がテラスの屋根に達した。
 つまりゴーヤのカーテンが出来始めたわけだ。
風邪も平熱になったしこれで咳がとれて疼痛がなくなれば万歳である。
植物 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ゴーヤが成っていた

初めてのゴーヤ
  今日かみさんが丁寧にゴーヤを調べていたら、プランターの土に触るくらいの処に小さな
ゴーヤがなっているのを見つけた。うらなりのゴーヤとでも言えるか。
とにかく我が家ではこんなに早くなるのは初めてである。良い苗を選び、肥料をたっぷりにしたのが良い結果だったのあろう。体温計をそえて大きさを見て頂く。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

メロンの収穫

メロンの苗を育てる

  父の日の一つにやってきた「メロンの苗」について書く。子供らは毎年この「父の日」や「母の日」が近づくと何を贈ろうかと頭を悩ますらしい。でこれまで好意だけで結構で物はいらない。「ありがとう」とメールを書いて来た。
でも何か形になるものをと考えるらしく、今回のアイデア特別賞は「メロンの鉢」であった。大きなダンボールにメロン苗木が入っていたのはびっくりさせられた。もう2個の小さなメロンがぶら下がっている。素人でも取説に従えばもう一つは収穫出来るそうだ。
 すでにぶらさがっているメロンの収穫のたぐがぶらさがっている推定時期は7月何日、もう一つ採るには鉢を大きくして次のような栄養分を土壌に与える。風媒花だから大きく咲いた雌花をえらび受粉作業をしておくようにとある。
 取説を読むに従って「これは結構手がかかりそうだ」と判った。メロンは意外に病虫害によわいらしいと判った。
 こうとなったらこれは園芸好きのかみさんにやって貰わねば、愚生一人では 手に負えない。「父の日」がとんだ「母の日」になりそうである。
植物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。