飛び飛び日記Ⅱ

雑食性老人のあれこれありのブログです。「アート」「天文」「散歩で発見」「生活上の出来事」など、いろいろ書いています。  水・日曜日と祝日は休みです。おいで下さりありがとうございます。ついでにHP「アツガーリンのページ」へも、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

連休の日

DSCN2785_convert_20130505221631.jpg

 連休も終わり近くなった。毎年のことであるがこの風薫る連休の日でやはり一番大切に思っている3日の憲法記念日、5日の子供の日、も過ぎていこうとしている。
 3日の憲法記念日は最近はいささか憂鬱で迎えるようになった。憲法改正の議論が起こることは原則悪いことではないが、その起こり方、冷静さのない推移を見ていると、結論先にあって、結論に向かい、拙速にすすめるやりかたに危惧の念が強く感じる。
 毎度、マスメデア批判でうんざりかもしれないが、中国や韓国に対しての報道の仕方はアジテーションそのもに他ならない。若者の一部が教唆されて過激に暴れられたりするのは、メデアに責任がある。つい先頃
「台湾」という大きな島をぶんどったり、「朝鮮半島」という半島を銃口で占領したのは他ならぬ日本人である。つい先頃などといっても大昔のことだと言われるかも知れないが、日本史ではつい先頃であり、世界史・地球史では「つい」である。それを小さな島を取られそう、危ないとなると、誰にでもあるナショナリズム(平たく言えば愛国心)とやらをくすぐり「日本国民の生命・財産を守るのは国家の最低の責務」などという言わずもがなのことを言う政治家の言葉を繰り返し流し、憲法改正、独立軍を持てとまで物騒なことをもくろむ下地造りをしている。世論の感情がそうだから報道したまでと言い抜ける。
 無論反対の声も多いのにそれはほとんど無視してしまっている。マスメデアはまた同じ過ちを繰り返している。まあマスメデアの報道は一つの話し位に思うのがよい。
 今日、わがロマンテック首相は「改正論議を急がない」と発言したようだが、「便所の石ころ」ではあるまいし、国家の基本法をやたらに急いで転がすものではない。

 子供の日も少子化は随分前から判っていたことなのに医師不足と同様放置しておいた。フランスでは出生率が上がってきていることも前から判っていた。ようやく手を打ち始めたが、「検討中」があいかわらず多い。
 こういうことは書きにくいし、誤解を生みやすいのでとかく「沈黙」が楽になる。自民党憲法案だとなお書きにくくなる危険がある。たまには蛮勇を持って書くのが民主主義というものだろう。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

富士塚

富士塚

  コロの散歩にk市のスーパー辺りを散歩したら少し小高い藪の山(5メートル位)が道端にあった。登ってみたら立派な富士塚が建っていた。講中という文字だけは読めるが碑の文字は崩れていて専門家でないと読めないだろうという状態だった。埼玉県の藤塚というのを検索してみたら、こんなにあるのかと驚くほどの碑が出てきた。この一覧にはこの塚は未登録であった。で、探せばまだかなり富士塚はあるかもしれない。霊山富士を信仰する団体は江戸を中心に多かったようである。講を組んで登山に出かけたり、地元に小さな富士山を作って朝夕拝んだり、一種の民間宗教活動をしていたらしいが、調べれば実に複雑で、まあ「お伊勢参り」くらいに思っている。
 フォトは碑を読んでいるかみさんと愛犬コロ。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ヒカリ電話

ヒカリのネット

 本日、「ソネット」と言うプロバイダーの薦めによりソネットで一番安い「アッカソネット」を「ヒカリフレッツ」に変えた。工事は早く電話はヒカリに変わった。従って料金は上がる。
何故ヒカリフレッツに変えたのか?それはネットやメールが遅くて仕方ないからである。つまり電話としての機能でなく、パソコンの為である。
 ブロードバンドの黎明期には私の家は電話局から遠すぎてネットは使えなかった。その後出力が上がったとでも言うのか、ADSLが使えるようになった。終わりごろには「無線」でルーターから飛ばしてかみさんのパソコンもネットを使えるようにした。
 しかし出力の衰退はひどく、私のIE関係の先生である関西のKOKAさんはよくも使っていると感心させられた。
 ヒカリもかなり安くなったのでメタル(銅線)よりヒカリにした。NTTの持ち込んだフォトの「モデム・ルーター」から「ランケーブル」で繋いでネットやメールをテストしてみたら、実に早い。ほとんどぱっと出る。これなら「無線」を使っても電波は半減するだろうが、使えられないことは無いだろうと、これまで使っていたラン(NECのエーターム)をそのまま使って使ってみた。(右の白のボックス)たぶんケーブルの半減位に落ちていると思うが、これまでより遥かに速い。で電波にしたが二つのパソコンとも「無線対応」なので割と早く繋がった。
後は何か月か使っての料金の問題である。
 それにしても「ヒカリ」の線は頭髪の髪の毛より細いのには驚いた。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

安いプリンター

プリンターが安い

 遂にかみさんのプリンターが壊れた。電源が入らないのである。従って「エラー表示」も出ない。コードの中はテスターで調べると電気は通っている。プリンター側の受け口か、中の配線に流れないのである。
修理に出しても買うより高く付くだろう。安く買って随分酷使した。元は取ったという。
そこで、プリンターを買いに量販店に行った。
 量販店を廻ったが、売れない月なのか、それとも本当に売れなくなってきているのか、前と比べて品数も少なく活気もない。携帯売り場だけが充実している感じだ。
 プリンター、またも安いものを選んだ。コピー・スキャン・プリント出来て、E社のもので6.7千円。むろん独立カートリッジ品である。
 いくら旧型とは言え、プリンターは高いという既成観念を破られた。
 フォトはコピーテストしてみた今度のプリンター。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

檜枝岐歌舞伎

DSCN2503_convert_20130207204507.jpg

 桶川市という小さな 街にも色々伝統的な行事・風習・遺跡などが残っていて、これらを研究する「桶川地域文化研究会」という団体が出来てはや十余年になる。かみさんも遺跡とか古文書好きでこの会の初めから誘われて会員になって、会報などの仕事をしたりしていた。というのは知人で今度会長になったOさんが、よく我が家に遊びに来て宿場に残る遺構や市内の古代史の発掘の話しなどをしていくので,会員になったわけである。
ところで今年の総会ではあの「尾瀬沼」で有名な檜枝岐に残る歌舞伎を長い年を掛けて映画化した「檜枝岐歌舞伎」の映画鑑賞とレクチャーが行われた。200名の席を用意したが満杯になり、役員は立ち見、かみさんの話しでは出来の良い映画だったため,終わっても暫く帰る人がいなかったそうだ。昨年は確か作家の井出孫六さんを呼んで島崎藤村の「夜明け前」の中山道馬込宿等を勉強したが、今年も昨年に劣らず大成功とOさんが寄って話していった。私も見る予定で観客申し込みをしておいたのだが急に腰痛になり、見られなかった。
この檜枝岐歌舞伎は村の中で親から子にと270年続いた芸能で 、国指定重要有形民族文化財になっている。
元は江戸歌舞伎の真似から発したと言われるが、村あげて裏方・おもて方一体になるところが民俗学的にみものだそうだ。
フォトはパンフから
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。